fc2ブログ

わたしらしくあなたらしく

アクティブ・ブレイン協会マスター講師&マナー講師です。アクティブ・ブレイン・セミナーでは人生を生き生きと過ごすための脳の使い方と驚異的な記憶術の使い方をお伝えしています。脳を使ったダイエットコースも開催中。日々目にしたこと、感じたことなど日常を書き留めています。

Entries

失った信頼を取り戻す

LINEやメールより電話。電話より対面の方が
事実を把握しやすいのではないかと思います。

息子は入院中、ラインの返事はマメで、
明るく返信してくるので、実際のダメージ度がわかりません。
事実、マニラにいる夫は事態の緊急性やシリアス度が
きちんと理解出来ておらず(距離があるとわからないものです)
私の目から見るとやたらに息子に厳しいのです。

私はプチっとキレてしまいました。ブチ切れじゃなくて”プチ”です。
「この子、がんばってるよ。甘えたことなんて言ってないし、
めちゃくちゃ強く頑張ってるよ。
親として直接見てやらなくていいの?
1回自分の目で見に来たら?
担当の先生にも挨拶して状況を自分の耳できいてくれる?」

飛んで帰ってきました。(飛行機で)

「お父さんお見舞いに来るって」
「ええ?わざわざ?まじで??」
「当たり前やろ。あんたより大事な仕事なんかあるわけないやん」

一旦退院して通院に変わっていた息子の検査日に合わせて
帰ってきて、病院に行ったあと3人で大阪の街をウロウロしました。
家族ばらばらちゃうで。ばらばらに住んでるだけやからって
息子にわかってもらうために。

息子は有り難いことに顔面神経麻痺でしたが、味覚だけは無事で
美味しいもの食べに行こうと言って、いきたいところ探せと指令すると
こんな店を選んできました。

堂島浜にある
入口の看板が心に沁みました。
「出逢い、心、笑顔、今日の日に感謝」うんうん。ほんとに感謝。有り難い。

IMG_0869.jpg 

お寿司が食べたかったらしく、お寿司ランチ
IMG_0866.jpg IMG_0867.jpg

そのあと、淀屋橋近辺を散策して、
独身時代私たち夫婦が働いていたビルの前に
行ったり、記憶をたどりながら30年前にタイムスリップ。
昔行ったお店を探して三千里です。
当時の思い出話を息子に聞かせながら歩きました。

肥後橋のビクトリー
IMG_0873.jpg 
記憶と違う店構えなので中に入ると。。


私たちが通わなくなったあとすぐくらい前に建て替えたとのこと。
立て替えてからも、すでに30年近く経っていました。
当時のお店は写真の中でした。
IMG_0870.jpg

カツサンドをテイクアウトすると、覚えていてくれて有り難うって、
おまけのポテトサラダサンドをサービスで頂きました。
ビクトリーって勝利って意味ですよね。ぜったいよくなるよ!
IMG_0906.jpgIMG_0907.jpg

万博公園で太陽の塔をみながら、EXPOCITYで買い物して
(いつもこんな感じで前を歩く二人・・右夫、左息子)
IMG_0885.jpg 

夜は和牛まつしたにて肉三昧。
味覚があってほんとによかった。

IMG_0905.jpg


寝不足で飛んできて、ふらふらになりながら翌朝のフライトで
マニラに帰った夫でしたが、絶対来てよかったと思うよ。(つづく)





ポチッとしていただけると嬉しいです。 にほんブログ村 ライフスタイルブログ ありのままの自分へ
にほんブログ村
関連記事

息子を襲った○○事件5

私が一番心配したのは息子のメンタル面でした。
真顔をしていると左右の顔の違いがわからないからと
ひたすら真顔を貫いていたのです。
笑えば心も少し楽になるだろうに、顔が歪むのが嫌で
「笑わさないで」と言われました。

ただでさえ辛い状況の中で、笑うことをやめてしまったら
心が段々枯れていくのでは無いかと、それが一番心配でした。

息子の心が壊れたらどうしようと心配でしたが、
私までふさぎ込むと、親子は影響し合うと思ったので、
映画を見に行って、楽しむことも忘れないようにと思うのですが
映画を見ながら楽しんでいることが辛くて胸がつまります。

息子が辛い思いをしているときに、気楽に映画を見ている自分が
許せないと感じている自分がいると、自己観察して(ややこしいわ)
久しぶりにこの気持ちをどうやって処理しようかと考えに考えた結果、
私が出した結論は「苦しもう」でした。

苦しさから解放されるために、ものの見方を変えて
都合よく陽転させるのは得意中の得意なのですが、
今回は陽転させないと決めました。
なので、最終兵器。苦しむと決めた!

辛い思いを全身全霊で受け止めようと決めたのです。
つまり、「辛抱」です。辛い気持ちを感謝して抱きしめる。

眠れない夜は、この決意によってすやすや眠れるようになりました。
ぐーっと苦しくなってきたら、それをぎゅーっと抱きしめて
ああ、この辛さを一緒に味わってるんだなあと。

とはいえ、息子の完治を諦めたわけではありません。
一番手っ取り早く楽になる方法は「諦める」ことなんですが、
いやいやこれは最後の最後までしつこく諦めませんよ。
受け入れられないです。なので、苦しむと決めたのです。

ステロイドを限界まで点滴してもなんの変化も無く、
もうほんとにどうしようもない状況で、獣医先生に連絡したところ
頂いたメッセージは「安心して下さい。あとで連絡します。」でした。

中崎町のホームで「安心して下さい」ってなんだろう?と思っていると
先生からお電話を頂き、こう言われました。

「○○先生(息子の入院している耳鼻科の部長先生)に連絡して、
今の息子君の状況を聞いたら、確かに重症なんだって。
でも、○○先生はずっと息子君の症例の研究をしていて、
世界中で○○先生からしか受けられない治療方法があるらしいよ。
もしもそういう話があったら、是非受けてね。世界中探してもそれをできるのは
○○先生だけ。そしてその治療法は過去とてもいい結果を出しているそうだよ。」と。

一筋の光が!
今年に入って、その治療法を学会で発表するために
年に一人出るか出ないかの症例を待っていらっしゃったとのことです。
そこにタイミングよく飛び込んだ我が息子。
これは何かに選ばれた?
もしかしたらこのことで、将来的にたくさんの人が救われるかも?(つづく)

昨日息子から届いた母の日のプレゼント(もうこじれてません)
IMG_3787.jpg 


ブログランキング細々と参加しています^^ 
ポチッとしていただけると嬉しいです。 にほんブログ村 ライフスタイルブログ ありのままの自分へ
にほんブログ村
関連記事

息子を襲った○○事件4

息子の顔面麻痺の原因は何かを特定するための
検査がつづきました。

ストレスが原因だと言われたり、諸説あるようですが、
ウィルスが原因では無かろうかというのが現在の医療の限界で
未だ研究中の病気のようです。

何らかのウィルス。
そのウィルスが何かということを調べるための血液検査。
ヘルペスウィルスだった場合ハント症候群。
ヘルペスで無かった場合はベル麻痺と言う名前が付きます。
息子の場合はヘルペスが見つからなかったので、ベル麻痺と診断されました。

ベル麻痺にはレベルがあって、息子の診断は「完全麻痺」
ベル麻痺の発症数が軽症から重症まで含めて年間10万人に20人ほどといわれていて、
そのうち重症となるともっと少ない症例になると思います。
40点法で2点。(実質0点だったとあとから聞かされました。)

顔面神経麻痺についてインターネットで調べても
息子と同じ点数からの回復例が見つけられませんでした。

ところで、息子は我が家にぬこがきたときにお世話になった
獣医先生の息子さんの家庭教師をしているのですが、
それもしばらくできなくなると思って獣医先生にご挨拶にいきました。
IMG_0838.jpg 

今こんな状況なんですと話していたときに、
どこの病院?と聞かれて、北野病院ですとお答えすると、
獣医先生のご友人が北野病院の耳鼻科の部長さんだと言うことが判明。
その日のうちに直接連絡をとって下さいました。

そして翌日点滴を受けている息子のベッドの横で
なんとか治る方法はないものかと考えに考えて
調べれば調べるほど後遺症が残りそうだという答えにしか行き着かず、
又、私が横に居ると余計息子のストレスになるようで、
さすがに耐えられなくて、再度獣医先生に連絡を入れました。(つづく)



ブログランキング細々と参加しています^^ 
ポチッとしていただけると嬉しいです。 にほんブログ村 ライフスタイルブログ ありのままの自分へ
にほんブログ村
関連記事

息子を襲った○○事件3

旭川でのアクティブが終わって、一旦東京に戻ると
ダイエットコースのフォローアップを、日をおいて数回設定していました。

ダイエットを申し込んでくれている皆さんに
私の個人事情はなんの関係もないので、
至らないながらも、できる限り対応させて頂いて、
それ以外の変わってもらえそうなマナー関連の仕事は
全部変わってもらって、可能な限り時間を確保しました。

ようやく大阪に到着し、最寄り駅に着いたよと
息子にラインをすると
「今友達来てるから、まだ来ないで」とのこと。
家族でもないのに、お見舞いに来てくれる友達を優先したいと。
まあ、そらそうでしょう。
と言うことで、病院の近くまで来て足止め。
IMG_0829_20170513084943750.jpg 

そして、ようやく指定された時間になり、病室へ行くと
当初、大部屋に入っていたのですが、ストレスが良くないと言うことで
自分で二人部屋に変わっておりました。
個室が良かったみたいなのだけれど、夫が何甘えたこと言ってる?と
マニラから檄を飛ばし、二人部屋に。

部屋に入って、隣のベッドの方にご挨拶すると
開口一番こう言われました。
「家族ばらばらやねんてなあ〜。最後は家族やで。」

は??
家族ばらばら?
ええ、ええ、たしかに我が家は「家族ばらばら」に住んでいます。
でも、私の認識としては「ばらばら」という感覚ではありませんでした。
でも(でもが多いな)息子は「家族ばらばら」と認識していたのかもしれません。

IMG_0835.jpg 

病室の窓から見える空を見上げ、う〜ん、これはこじらせてるぞと思い、
ここで、かける言葉を間違えると、余計こじれると思って
特に私は、言葉が不用意なので、注意して様子を見守りました。

息子は真顔で、ぴくりとも顔を動かしません。
なぜなら、右半分が動かないので、左を動かすと
筋肉が左に引っ張られて、どんどん顔がゆがんでいくらしいのです。
そのうち右の顔の筋肉が、痩せて無くなっていき、
そのなれの果ては「ひょっとこ」になるのだと。

まぶたも閉じないので、そのままにしておくとうさぎ目になって
視力が危ないということや、顔面麻痺という病気について
担当の先生から直接説明を受けて、そのあまりにも
むごい状況を淡々と話される様子に
よくもこれだけ感情入れずに話せるものだと
思いながら心臓がつぶれそうになりました。(つづく)




ブログランキング細々と参加しています^^ 
ポチッとしていただけると嬉しいです。 にほんブログ村 ライフスタイルブログ ありのままの自分へ
にほんブログ村
関連記事

息子を襲った○○事件2

息子の顔に異変が起きたのが木曜日か金曜日。
土日挟んで月曜日に耳鼻科に行って紹介状をもらい、
火曜日に大阪中崎町にある北野病院にて診察を受けました。

即入院。点滴治療開始。
重度の顔面麻痺でした。
右半顔が固まったまま動かず、瞬きもできないので目も閉じず。

顔面麻痺は原因がいろいろあって、顔面神経からくるもの、
脳から来るもの、様々なので一つ一つ原因をつぶしていきます。
CTを撮ったり、血液検査をしたり・・・。

入院が決まった翌日は旭川に飛ばなければいけない私。
夫はマニラ。急には帰ってこられません。
セミナーキャンセルして病院に行くか、旭川へ行くか迷っていると
JALからじゃんじゃんメールが届きます。
「明日のフライトは飛ばない可能性有り。キャンセルするなら今」的な・・。

迷いに迷って、でも冷静に考えてすでに入院しているんだし
私がそばにいてもいなくても同じか・・。
一人で顔が麻痺している状態で、入院手続きしている息子のことを
考えると胸が痛かったですが、とにかく旭川でのセミナーを終えたら
すぐに大阪に行こうと思って、3度目の旭川でのセミナーに向かいました。

その後とんぼ返りで大阪へ。
LINEでは写真を送ってもらったり、メッセージのやりとりをしたり
していましたが、実際に対面した息子は思っていた以上に状態が悪く
私が駆け付けたときには、顔だけでなく心も一緒に固まっていました。(つづく)


ブログランキング細々と参加しています^^ 
ポチッとしていただけると嬉しいです。 にほんブログ村 ライフスタイルブログ ありのままの自分へ
にほんブログ村
関連記事

息子を襲った○○事件

続きは明日〜なんていいながら一体何日たったのでしょう?
時間がワープしております。

出なかった声がようやく出るようになりました。→私の声帯ちゃん
今回はなかなかしつこくて、長引きました。
「声がでない」のは、講師業をしているとアウトですね。
そんな中も、仲間に助けられ仕事をキャンセルせずに
乗り切ることができました。
有り難いことです。

声が出なくて耳障りなセミナーを受けて下さった皆様には
本当に心からお詫びと感謝を申し上げます。

体調が今ひとつ優れないときや、眠くて仕方ないときは
すべてのことを忘れて眠り続けるのですが、
段々元気になってくると、あらら大変。
一杯やることが溜まっている。

でも体調悪いと忘れられるくらいのことだから、
究極どっちでもいいくらいの事なんでしょうね。

でも、ちょっと今日は息子の事を書こうと思います。
前置きめちゃくちゃ長くてごめんなさい。はじめます。

去年の11月のことです。
丁度旭川出張が続いていた頃です。
息子から突然電話がありました。

息子から電話があるのは、「お金がない」か「具合が悪い」時です。
嫌な感じです。

「朝から顔がひきつって動かない」

ピーン!ときました。
「それ、ベル麻痺って言うやつかもしれないから急いで病院行って!」

一刻も早く治療しないといけないのに、耳鼻科に行ったら
手術になるかもしれないからと大きな病院への紹介状もらって帰ってきたとのこと。

いやいやいや、、そんなこと言ってる場合じゃないって。
早く処置しなきゃ大変な事になるよ〜!という私の直感。
お願い早く治療して早く早く!と思うのですが、
病院空いておらず、心落ち着かない時間が過ぎながらも
私は祈りながら旭川へと飛んだのでした。
その時の様子はこちらのブログにて→奇跡の天候続出旭川アクティブその1
(つづく・・・結構続くよ)

ブログランキング細々と参加しています^^ 
ポチッとしていただけると嬉しいです。 にほんブログ村 ライフスタイルブログ ありのままの自分へ
にほんブログ村
関連記事

私の声帯ちゃん

久しぶりに声が出ません。

前回声が出なくなったのが2011年なので、6年ぶりですね。
あっという間に時間が経つものです。
前回の体験はこちら→過ぎたるは及ばざるがごとし

前回の体験があるので、今回はちょっと慎重にしています。
今日は耳鼻科で鼻からファイバースコープを使って見てもらい、
痛いのがいやなので目をつぶっていたのだけれど、
せっかくだから普段見られないもの見なくちゃ!と目を開けました。

マイ声帯さんとご対面。

・・とりあえず、タコはできていません。
ただ、閉じていません。

しばらく安静していたら治るのですが、そういうわけにも行かず、
「今週末セミナーなんです。声出ませんか?」と聞いたら
ちょっときつめの薬を出しておきますねとのことでした。

本当なら寝てなおしたい。
自然治癒万歳!が基本なので。

喉は昔からほんとに弱い。
未だ原因見つからず。
ヒプノセラピーでも受けてみようかな。

生まれて初めてのステロイド剤投与なんですが、
ステロイド繋がりで、又シリーズものを書いてみようと思います。

タイトルは「息子を襲った○○事件」
今日は疲れたので続きは明日♪




ブログランキング細々と参加しています^^ 
ポチッとしていただけると嬉しいです。 にほんブログ村 ライフスタイルブログ ありのままの自分へ
にほんブログ村
関連記事

みんつくにコラム連載することになりました。

最近こちらのブログ投稿サボり気味。
一ヶ月に1回くらいは、、と思いながら、あっという間に時間が経ってしまいます。

アクティブブレインセミナーの講師になって1年経ちまして、
その活動を一生懸命しておりました。

田辺由香里のステージアップアクティブブレイン記憶術

昨年はなんやかんやと年間100日くらいは
人前で話をしていたような気がします。

沢山の人と出会い、楽しい一年でした。

今年はその流れで、「みんつく」という冊子にコラムニストとして
12回シリーズで記事を書かせて頂く事になり、
パパママ向けと言うことでどんな内容にしようかな〜と日々考え中です。

それで、昔の記事で参考になりそうなものはないかと
自分で自分のブログの過去記事をチェックしているところです。

昔の私はどんなことを考えていたんだろう?
アクティブブレインをはじめる前から考えていたことは似たようなことですね。
だから共感して講師になろうと決めたのかもしれません。

子育て中は本当に幸せな時間でした。
今も形を変えてとても幸せです。

私が大切にしてきたことは
その時その時で、その時にしかできないことに喜びを見いだし、楽しみ、味わうこと。

子育て中には子育て中の、
子育て後は子育て後の見える景色があります。

どの瞬間も光り輝く時間なのです。
その時にしか味わえない貴重な時間の連続です。

そんなことを考えていたら有り難くて胸が一杯になります。
さて、子育てを終えた私が、子育て真っ最中のパパママに伝えたいことは何か?

3月から連載スタートなので、焦らず急いで準備したいと思います。

**************************

ブログランキングの参加カテゴリーそろそろ変えようかな・・・

ブログランキング参加しています^^
ポチッとしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ありのままの自分へ
にほんブログ村
関連記事

ガイアシンフォニー8番

ガイアの声が聞こえますか?

地球交響曲とは

子供がまだ幼稚園に入る前くらいだったでしょうか?
ガイアシンフォニー2番を見ました。

1番もそのあとに見たくなって子供を連れて行きましたが、とても座ってはいられずだったような記憶があります。

その後シンガポールに引っ越してしまったので、途中抜けてしまって見ていませんが

今日は久しぶりに8番に誘われて行ってきました。

気持ちよすぎて眠ってしまうかな、、とおもいきや

今回のテーマは「樹」だったので、心にすーっと染みこんできました。


この映画を見ると、自分がどれくらい本物からほど遠いかがわかり、目指すべき方向性が見えてきます。

今日も自分の中でスッと焦点が合ったような感覚がありました。

関連記事

天才

2016年上半期ベストセラー総合第1位のこちらの本を読んでみました。



石原慎太郎氏が田中角栄という人物に成り代わって、
まるで本人が憑依して話しているかのごとくに書かれている本です。


自分の無知さ加減におののきながら、読み進めていきましたが、
この本を一冊読むことで、次々と調べたいことが出てきました。
政治に対して好奇心をもつきっかけとなりました。





ブログランキング参加しています^^
ポチッとしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ありのままの自分へ
にほんブログ村
関連記事