fc2ブログ

わたしらしくあなたらしく

アクティブ・ブレイン協会マスター講師&マナー講師です。アクティブ・ブレイン・セミナーでは人生を生き生きと過ごすための脳の使い方と驚異的な記憶術の使い方をお伝えしています。脳を使ったダイエットコースも開催中。日々目にしたこと、感じたことなど日常を書き留めています。

Entries

手仕事の効能

嫌なことはすぐに忘れ、良い事だけを記憶に残す。
これは人間の本能なのかな?
私の特技かな?

人とぶつかったり、ものすごく嫌なことがあって
過去になんだか悩んだ気がするって言う程度の記憶は残ります。
でも、それが後々まで恨みとなって続いたり、、、ってことは
全くなく、我ながら切り替えの良い脳を与えてもらったなあって
親に感謝しています。
ただ、こんな私でも
悩みの渦中にいるときは息ができないくらい苦しいこともありました。

この苦しみはいつまで続くのだろう、、と考えても出口は見えず。
こういうとき、人は一番進化するのだと思います。
答えを求めて必死で全方向に向かってアンテナを張るから。。。
過ぎてしまったから言えることですが。。

苦しい時って、ずっとその悩みのことを考えていると
食事もできなくなってしまいます。
食事が喉を通らないって言うのは本当のことで
悩みすぎると、ものがゴックンできなくなるんですよね。

そんな状態のときに、パッチワークの先生をしている友人が
パッチワークを勧めてくれました。
子供のころからスピードは早いけれど、丁寧さにかける私にとって
小さなピースを縫い合わせるパッチワークは修行の世界。

ちょうどその年のテーマは「苦手科目の克服」だったので
チャレンジしてみました。
(毎年密かに「その年のテーマ」を決めています。
ちなみに今年は「大切な人たちと過ごす時間を確保する。」でした。)

友人はとても細かい作業の好きな人で
初心者の私にも、出来上がったときに納得できる作品をと
小さな小さなピースを組み合わせて
遠目に見たときにキラキラみえるように、、、って
デザインしてくれました。

型紙を布に合わせて鉛筆で線を引き、
ハサミで切り取って小さなピースを作ります。
それをまた組み合わせて縫い繋げていく。

1枚の布にするためにわざわざバラバラにして縫うなんて。。。
気の遠くなる作業です。

それを日がな一日、テラスのイスに座って
無言でちくちくぬい続けていました。
外出するときもお弁当箱にピースを詰めて
暇さえあればちくちく、ちくちく。。。

『ひたすらに作業する』ってすごいんですよ。
集中して作業に没頭していると
悩みのことを考える余地がなくなって
気が楽になるんです。

ちくちく、ちくちく縫い続けて
しつけも終わって最後のキルティングの作業に取りかかったとき
友人が帰国になってしまい、そこから作業が止まってしまっています。
あのキルトを完成させることは
私にとって、とても意味のあることだと思っているので、
どうしても完成させたいのですが、針が進まず。
もうこうなったら誰か代わりに仕上げて~って感じです。

子供の赤ちゃんの時の洋服や思い出の布を
あちこちに散りばめて作ってあるサンプラーキルト。
作業に没頭すると悩みが消えるということを教えてくれたキルト。
子供のベッドカバーにするつもりなのに、
早く作らないとまもなく巣立ってしまいます。

1日1時間でも時間をとって少しずつ少しずつ
針を進めてみようと思う秋の夜でした。

ブログランキング参加してます。
ポチッとよろしくお願いします!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ
にほんブログ村
関連記事

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。