fc2ブログ

わたしらしくあなたらしく

アクティブ・ブレイン協会マスター講師&マナー講師です。アクティブ・ブレイン・セミナーでは人生を生き生きと過ごすための脳の使い方と驚異的な記憶術の使い方をお伝えしています。脳を使ったダイエットコースも開催中。日々目にしたこと、感じたことなど日常を書き留めています。

Entries

気を使うと疲れる?

気を使うと疲れるって思ったことありませんか?
又、反対にものすごーく相手に気を使われて疲れたことは?

私はずーっと「気を使うと疲れる」ものだと思っていました。
だから人に気を使われたくないし、
人にも気を使いたくない。
でも、日常生活ではそういうわけにもいかないので
気を使っては疲れ果ててしまうこともありました。

ところが、ある時使っても疲れない気の使い方を発見したのです。
使えば使うほど反対に元気になる方法。

それは「気を配る」ことです。
「気遣い」ではなく「気配り」「心配り」です。

心はいくら配っても減りません。
配れば配るだけなぜだか元気が出てきて
胸の奥の方があったかくなってきます。

このちがいは何なのでしょう。

私個人の解釈ですが、
「気を使う」ときって意外と自分のことを考えていて
「心配り」する時って相手のことを思っているのでは
ないでしょうか?

自分が嫌われたくないから気を使う。
相手を思いやって心を使う。

似ているようで動機が反対なんですよね。
外から見ても分からないかもしれません。
見えている行動は同じだったりするから。

ではどこでわかるのか?
その行動のあとで自分がすり減っているか
エネルギーに満ち溢れているか、、。
妙な肩こりになっていないか。
ワクワクした心になっているかどうか。

私だけかもしれませんが
妙な気の使い方をしてしまった時は
孫悟空の輪っかを三蔵法師に閉められるように
首や肩のあたりがきゅっとなったり、
みぞおちの辺りが痛くなったりして
気分の悪さを経験します。

そこで「あ、失敗した―。なにかちがうな。」って気付いて
又現場検証です。
何処かに原因を発見しますので、また次に
微調整します。

失敗を繰り返しているうちに
自分の思い込みや変な癖が見えてきたらもうけもの。
それはすり込まれた行動として、
つい反応でしてしまっていることなので
意識的に反応の仕方を変えるように脳に指令を出します。

人とコンピューターの仕組みって
そんなに変わらないのではないかって思っているので、
バグを見つけたら修正するっていう感覚です。
バグを放置しておくと同じシチュエーションのたびに
同じ反応をしてしまうのです。
コンピューターのミスプログラムのようなもの。

発見したらちょいちょいと修正して
再起動して再出発。
少しずつ使い勝手が良くなってくるのではないかなと
期待して(ここでは期待する!)
一生かけての人体実験は続きます。。

ブログランキング参加してます。
ポチッとよろしくお願いします!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ
にほんブログ村

関連記事

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。