わたしらしくあなたらしく

アクティブ・ブレイン協会マスター講師&マナー講師です。アクティブ・ブレイン・セミナーでは人生を生き生きと過ごすための脳の使い方と驚異的な記憶術の使い方をお伝えしています。脳を使ったダイエットコースも開催中。日々目にしたこと、感じたことなど日常を書き留めています。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バナウェの棚田郡へ

久しぶりのフィリピンです。
フィリピンへ遊びに来るのも四年目に突入して、だいぶ行くところがなくなってきました。
海がとても綺麗なのですが、今回は海へは行かずに山へ!

マニラからバナウェへ日帰りで行ってきました。
(よい子は真似しない方が良いかも)


うわさでは片道7時間かかるとのことで、行ってきた人に聞くと
長い時間ドライブして田んぼ見るのもねえ、、という感想だったので
どうかな〜と思いましたが、
世界遺産に登録までされているということだし、ちょっと旅行で来ようとは思わないでしょうから
せっかくなので行ってみることにしました。


片道7時間って言ううわさだけど、そんなにかからないよ、きっと!と
気楽に考え、朝5時にマニラを出ました。

高速道路を軽快に走り、途中でガソリン補給&トイレ休憩。
IMG_6258.jpg

トイレに行ったら便座とトイレットペーパーがなかった。。
日本のトイレにトイレットペーパーがあるのが当たり前すぎてしくじりました。。
トイレに行きたいのに紙がなくて入れないじゃありませんか。。

近くのセブンイレブンで紙を買おうと思っても、ティッシュペーパーがない!
あったのはこれのみ。
車だし、買っちゃおう。ついでに水道から水も出るかどうか分からないのでウエットティッシュもゲット。
IMG_6269.jpg


年末だったので、途中の街を横切るのに時間がかかりました。。
お正月準備の買い出しの人で一杯。
IMG_6281.jpg

バンバンと言う街を通過。
バナウェに行くには高速道路で北へ行けるだけ行って、バギオを抜けていく方法と
手前で高速を降りて下道を通るルートがあるようです。
行きは下道を通っていったのですが、これが良いのか悪いのか、、、。
街ごとに渋滞でなかなか前に進めません。
片道7時間の謎が解けました。距離はそれほどでもなくてもスピードが出せないという訳ね。
IMG_6268.jpg

結局8時間半くらいかかって、バナウェの入り口付近に到着。
明るいうちに到着してよかったです。
IMG_6284.jpg


綺麗な棚田が広がっています。
ここがベストポイントかどうか謎ですが、どこから見ても広がる棚田は圧巻でした。
IMG_6292.jpg


崖には沢山の家が建ち並んでいます。地震が来たら怖そう。。
地盤緩んだときは大丈夫なのかなとかなり心配。
IMG_6512.jpg


山岳地帯なので、気温が低くて長袖が必要です。
サボテンの花が綺麗でした。
IMG_6309.jpg


この棚田は天国へ続く階段と言われているようです。
IMG_6298.jpg

家が崩れませんようにって書いてありますね。
ほんとに祈るしかないって感じだもんね。
IMG_6536.jpg


行きの道が混んでいて大変だったので、帰りはバギオへ抜けようと思って
出発しましたが、この道は要注意です!
いくつも山を越えてぐるぐる回りながら進んでいきます。
山の上に行くと霧が深くなって、前が見えない上に道路が悪く、
おまけに雨が降ってきたときには生きた気がしません。
この写真はまだ霧がマシなときに撮ったもので、
この後、更に霧は深くなり、ほんとに死ぬかと思いました。
とても恐ろしくてこの後の写真を撮る気にもなれず。。。
と言うことで、山道を選ぶときはお天気の良い日にしましょう。
(でも山はいつも霧が立ちこめたり、雨が降ったりするかもね〜)

IMG_6513.jpg


あともう一つ。
日帰りは遠すぎるのでやめた方が良いです。
もしも強行軍で頑張るなら5時スタートでは遅いかも。



行くなら東側の道から行って、そのまま戻ってくるのが無難かな〜。
バギオ周りで行く場合はほんとに山道注意してね〜。


そんな霧深い山の上にはバラック小屋が点在していて、
薄暗い灯りがともっていました。
ここに台風が来たらいったいどんな気持ちで過ごしているのだろうと
想像すると胸が痛くなりました。


家には当然窓もなく、カーテン1枚だったりします。
霧が家の中まで入ってきて何も見えなくなっちゃうよね。。


それでも真っ暗な山道を進んでいるときに、ぼんやりとした裸電球の明かりが見えると
ホッとしましたし、山を無事に下って見上げた満天の星空は素晴らしい美しさでした。


バギオに到着したのが夜の9時くらいでしたが、大晦日なのでお店は全部閉まっていて
街は真っ暗でした。普段なら開いていてもう少し明るいかもですね。

もうこの頃には一刻も早く家に帰りたくて、、。
早朝から長時間ノンストップで運転してくれていたドライバーさんも
頭が痛いから頭痛薬買ってくる、、、と言う始末。
ほんとにほんとに代わってあげたくても運転できないし。ごめんね。


そして、帰りの高速道路上でHappy New Year!
一斉に各家庭から花火が打ち上がり、花火の花道を通ってマニラまで戻ってきました。
真っ暗ななか、見えるのは花火と星空。
忘れられない年末、年明けとなりました。

自宅に到着したのは夜中の2時頃でした。
往復20時間の旅。
やっと眠れる〜と思った矢先に
明日は午後から軽くゴルフしようかと言う旦那の声を聞いて
私は圧倒的な体力の差を感じましたとさ。。

ブログランキング参加しています^^
ポチッとしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ありのままの自分へ
にほんブログ村

関連記事

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。