わたしらしくあなたらしく

アクティブ・ブレイン協会マスター講師&マナー講師です。アクティブ・ブレイン・セミナーでは人生を生き生きと過ごすための脳の使い方と驚異的な記憶術の使い方をお伝えしています。脳を使ったダイエットコースも開催中。日々目にしたこと、感じたことなど日常を書き留めています。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

火車

新しいカテゴリーを作成しました。
読書記録。
自分の備忘録を兼ねて。

実は小説を読むことを避けてきました。
これも「私は走ることが出来ない」思い込みと似ています。
皇居ランデビュー♪参照


若い頃、今より数千倍も感受性が強かった私は
ドラマにせよ小説にせよ登場人物に感情移入しすぎてしまうところがあり
1冊読むごとにまともにダメージを受けてしまうため
【これは危険!やめた方が良い】と思い込みました。
厳密に言えば、ダメージを受けそうな内容の小説を避けてきました。


その後自分の人生の方が小説よりもダメージが強かったこともあり
(事実は小説よりも奇なり)
免疫もついたことだし、まさか感情移入しすぎて苦しむこともなかろうと
この年になってようやく小説読むの解禁♪に。
これからは読書記録を綴っていきます。



さて、今回読んだのは宮部みゆきの『火車』
山本周五郎賞に輝いたミステリー史に残る傑作。




途中まで読んで、この本は絶対の絶対に息子に読ませなければ!と思いました。
息子に読ませるためには何としても最後まで読み切らなくては!とも。

なぜか?
カードローン地獄にはまっていくプロセスがストーリーの中で
見事に描写されているからです。

最近は学生でもカードを持つ時代(恐ろしくて持たせていませんが)
支払能力を超えてカードで買い物をし、その支払のためにキャッシングをし、
借金地獄にはまっていく構図。


お金の話は学校では習いませんからね。
この小説でしっかり学べます。
あれこれ言うよりこの本を読ませようと思った次第です。

で、読み終わってさっそく息子にLINE。
「この本読んだ?お父さんの本かな?これ読むといいよ〜。」

「読んだ。面白いよね。」とさくっと返事が戻ってきました。

…うん。知らなかったのはどうやら私だけだったみたい……。

あ、1つまた新しい言葉を覚えました。
「太りじし」

太り気味のと言う意味のようです。
「私最近太りじしなの。」とか
「あの人太りじしだよね。」という風に使うのでしょうか?
文中に何度か出てきます。

火車 (新潮文庫)火車 (新潮文庫)
(1998/01/30)
宮部 みゆき

商品詳細を見る



ブログランキング参加しています^^
ポチッとしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ サロネーゼへ
にほんブログ村
関連記事

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。