fc2ブログ

わたしらしくあなたらしく

アクティブ・ブレイン協会マスター講師&マナー講師です。アクティブ・ブレイン・セミナーでは人生を生き生きと過ごすための脳の使い方と驚異的な記憶術の使い方をお伝えしています。脳を使ったダイエットコースも開催中。日々目にしたこと、感じたことなど日常を書き留めています。

Entries

ホメオパシー体験

3年前から何となく右肩に違和感を覚えて、
特に支障もないので、そのままにしていました。

その後、20年ぶりくらいに卓球を始め、
昔の動きを脳は覚えていて、現在の私の肉体では耐えられないような
動きを瞬発的にした結果。。
肩鍵盤がブチッと。。。悲鳴を上げたのが今年の2月。

あ〜、またやっちゃった〜〜。
肩が動かない、、しかもどんどん動かなくなる。。
レントゲンとMRI検査をしたら骨がちょっと溶けている???
何これ何の病気?ということで
整形外科、運動療法、リハビリと西洋医学を転々としていましたが、
心がメッセージを送ってきたのです。
このままでは治る気がしないよ〜って。


診察を受けていると、先生ごとにおっしゃることが違うし、
何が正解なのか本当に分からなくなってきます。

病気でも悩みでも、誰かに治してもらいたい、助けてもらいたいと
怠け者の私の心は叫びますが、
結局のところ、自分を最終的に治せるのは自分しかないのですよね。
唯一絶対の答えや、万人向けの正解はないということを
またまた目の前に突きつけられたのでした。

西洋医学の治療を受けながら、ちょっとだけてこ入れしてみよう!

そう思って一番はじめに試してみたのが鍼とマッサージ。
6日間毎日通ってみました。
・・・ものすごく痛い。
でもちょっと筋肉が柔らかくなって今までよりは動きが出たかも。

そして、次に試しているのがホメオパシーです。

ホメオパシーとは体に元々そなわっている自然治癒力を高める治療法です。
個人に焦点を合わせて、病気の症状だけでなく、その人がどのような人物で
どんな人生経験をしてきたのか、どうしてそのような症状をもつに至ったのか
ということを探っていき、その人固有のエネルギーのパターンを探し当てます。

そして自然界に存在する何千種類もの植物や動物や鉱物のエネルギーパターンと
照らし合わせ、「類似の法則」をつかって
似通ったパターンの物質は何かを探り当てます。

見つかった物質のエネルギーを転写した
レメディと呼ばれる小さなしょ糖の粒を摂取し、
エネルギーバランスを正常に戻すという
ちょっと不思議な治療法です。

本来のホメオパシーは、風邪にはこれ、頭痛にはこれと言う処方ではなく
「あなただからこれ」という処方の仕方なのだそうです。
それを見極めるのが難しいらしいのですが、、。

今回、ご縁あってオランダで30年間ホメオパシーの治療をしている先生と出会いました。
元々は西洋医学の外科医で、その後東洋の医学も学ばれ、
西洋医学の薬と同じくらいホメオパシーのレメディが効くということで
以来30年間ホメオパシーの研究をされている方です。


どうせ見てもらうなら、この道一本で経験豊富な先生の方がよかろう。。
私のエネルギーが自然界の何と一致するのかにも興味があるし。。

カウンセリングすること2時間。。
そして見つけてもらったレメディを飲み始めて1週間。

次回の診察までに毎日記録をして
レメディが合っているかどうか再診するのです。


現在のところ微細な変化も記録に残していますので、
もしもこれで良くなったら面白いなあと。

自己治癒力を増すというのはクレイセラピーの考え方とも一致していて
クレイも一定に作用し、その人本来の自然治癒力を高め
本来の自分の力が正常に発動されるようにしていくセラピーです。

クレイが薬になるのではなく、クレイはあくまでもその人の自然治癒力を引き出すきっかけ。
レメディはさらに微細にその人固有のエネルギーが正しく発動されるようにするもの。

私たちの体を楽器に例えると、その楽器本来の音がきちんと出るように
ちょっとずれていたり、壊れたりした場所を自ら修復して
チューニングするということでしょうか。
綺麗に音が出るようになると楽器は楽器としての本質を取り戻すことが出来る。


地球にすでに存在している動物や植物や鉱物は
私たちを知らず知らずのうちに癒やしてくれている存在なんだと
感じる今日この頃です。

そして私の独自のエネルギーは植物でも動物でもなく鉱物でした。。
クレイも鉱物ですし。。。知らず知らずに自分のバランスを戻すものを
近くに配置していたのかもしれませんね。
ちなみに花粉症で苦しむ息子は驚きの「タランチュラ」でした。。

ぷぷぷ。。私はなんと毒蜘蛛ちゃんを育てていたとは。。
どうりで育てにくいはず。。。笑


ブログランキング参加しています^^
ポチッとしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ サロネーゼへ
にほんブログ村





関連記事

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。