fc2ブログ

わたしらしくあなたらしく

アクティブ・ブレイン協会マスター講師&マナー講師です。アクティブ・ブレイン・セミナーでは人生を生き生きと過ごすための脳の使い方と驚異的な記憶術の使い方をお伝えしています。脳を使ったダイエットコースも開催中。日々目にしたこと、感じたことなど日常を書き留めています。

Entries

家の片付けと心のトラウマ

先日、かたづけ士小松易さんの講演会に行って来ました。
教えて頂いた片付け方のコツを使って
年末からせっせと家のかたづけをしています。

闇雲に片付けるのではなくて
片付け方にはコツがあるらしいのです。

出す→整理する→整頓する→維持する

この繰り返しです。

例えば1つの引き出しを片付けるとしましょう。
引き出しの中のものを全部一旦外に出してしまう。
次にいるものいらないものを整理して数を減らす。
元の場所に一旦仕舞う。
それを維持する。

家ごと全体を片付けるのは大変なので
コーナーごとに区切って少しずつ片付けて行く。

全ての引き出しが終わったら区切るスペースを少し広くして
出す→整理する→整頓する→維持する作業を繰り返して行きます。

これで家全体が次第に片付いて行くという訳。

私は一番気になる場所から取りかかってみました。
これ以上捨てるものはないと思っていたのに
一旦外に出して見るとまだまだいらないものが沢山出て来ます。
今、いると思ってしまい込んだものも3ヶ月位すればまたいらないものになるでしょう。
かたづけは終わりのない修行のようなものかも知れませんね。
でも一旦片付け切ってしまえば、片付けが人生の型付けになるんですって。

人生の型付け。
どう生きて行くかがクリアーになってくるということかなと思います。

前々から家と心はリンクするということを実感として感じているのですが、
物理的に家が片付くと心にも焦点が当たり始めて
心の中のいらないものも浮き上がるスペースが出来るみたいです。

今朝、1つ自分のトラウマを発見してしまいました。
それは「階段を上がって来る足音」です。
人が階段をばたばたっと上がって来る音を聞くと
自分が責められているような感覚が湧いて来ることに気付きました。

子どもの頃、朝ぐずぐずしていたときに
父親が階下から階段をバタバタッと登って来て
布団を剥がされて怒鳴られた経験で付いたものだとわかりました。

それがとても嫌だったので
無意識のうちに足音をきくと「自分が責められている」感覚に
陥るようです。
これはもう不要なので整理して捨ててしまおうと思いました。

トラウマって厄介なものですね。
相手は何もしていないし何も考えていないのに
自分に傷があると、勝手に自分は責められているとか、
嫌われているとか被害妄想に陥る。

人は多かれ少なかれ心の傷を持っていると思うのですが、
目に見えない傷というものは自分だけでなく相手をも傷つけてしまいます。

自分を癒すことはとても大切です。
周りの人のためにも自分を癒しましょう。
そんなことを思った朝でした。

最近ブログが滞り、何かを発信したいと言う意欲も失せていたのですが、
友人からの催促により久々に更新してみました。
いつも応援してくださり感謝です。
今日も皆様にとりまして、かけがえのない素晴らしい一日でありますように。


いつもお読み下さり有難うございます。
ポチッとして頂けると励みになります^^
にほんブログ村 ライフスタイルブログ サロネーゼへ
にほんブログ村
関連記事

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。