fc2ブログ

わたしらしくあなたらしく

アクティブ・ブレイン協会マスター講師&マナー講師です。アクティブ・ブレイン・セミナーでは人生を生き生きと過ごすための脳の使い方と驚異的な記憶術の使い方をお伝えしています。脳を使ったダイエットコースも開催中。日々目にしたこと、感じたことなど日常を書き留めています。

Entries

ひび割れ壷の話

今日は地震の前にブログにアップしようと思っていた
大好きなお話のご紹介です。

.:+*:・'☆。、:+*:. 。.:+*:・'☆。、:+*:. 。.:+*:・'☆。、:+*:.

あるインドの水汲み人足は、二つの壷を持っていました。
天秤棒の端にそれぞれの壷をさげ、首の後ろで天秤棒を左右にかけて、
彼は水を運びます。
その壷のひとつにはひびが入っています。もうひとつの完璧な壷が、
小川からご主人様の家まで一滴の水もこぼさないのに、
ひび割れ壷は人足が水を一杯入れてくれても、
ご主人様の家に着く頃には半分になっているのです。
完璧な壷は、いつも自分を誇りに思っていました。
なぜなら、彼が作られたその本来の目的をいつも達成することができたから。
ひび割れ壷はいつも自分を恥じていました。
なぜなら、彼が作られたその本来の目的を、彼は半分しか達成することが
できなかったから。

2年が過ぎ、すっかり惨めになっていたひび割れ壷は、ある日、
川のほとりで水汲み人足に話しかけました。
「私は自分が恥ずかしい。そして、あなたにすまないと思っている」
「なぜ、そんなふうに思うの?」水汲み人足はたずねました。
「何を恥じているの?」
「この2年間、私はこのひびのせいで、あなたのご主人様の家まで水を半分しか
運べなかった。水がこぼれてしまうから、あなたがどんなに努力をしても
それが報われることがない。私はそれがつらいんだ」
壷は言いました。
水汲み人足は、ひび割れ壷を気の毒に思い、そして言いました。
「これからご主人様の家に帰る途中、道端に咲いているきれいな花を見てごらん」

天秤棒にぶら下げられて丘を登って行くとき、ひび割れ壷は、
お日様に照らされ美しく咲き誇る道端の花に気づきました。
花は本当に美しく、壷はちょっと元気になった気がしましたが、
ご主人様の家に着く頃には、また水を半分漏らしてしまった自分を恥じて、
水汲み人足に謝りました。

すると彼は言ったのです。
「道端の花に気づいたかい?花が君の側にしか咲いていないのに、気づいたかい?
僕は君からこぼれ落ちる水に気づいて、君が通る側に花の種をまいたんだ。
そして君は毎日、ぼくたちが小川から帰る途中、水をまいてくれた。
この2年間、僕はご主人様の食卓に花を欠かしたことがない。
君があるがままの君じゃなかったら、ご主人様は、この美しさで家を飾ることは
できなかったんだよ。」
        (思春期の子どもの心のコーチング 菅原裕子著より抜粋)     

。.:+*:・'☆。、:+*:. 。.:+*:・'☆。、:+*:. 。.:+*:・'☆。、:+*:. 。

優しいひび割れ壷。
優しい水汲み人足。
ひび割れた箇所をどう生かすか?そこが智慧の出しどころ。

いつもお読み下さり有難うございます。
ポチッとして頂けると励みになります^^
にほんブログ村 ライフスタイルブログ サロネーゼへ
にほんブログ村
関連記事

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。