fc2ブログ

わたしらしくあなたらしく

アクティブ・ブレイン協会マスター講師&マナー講師です。アクティブ・ブレイン・セミナーでは人生を生き生きと過ごすための脳の使い方と驚異的な記憶術の使い方をお伝えしています。脳を使ったダイエットコースも開催中。日々目にしたこと、感じたことなど日常を書き留めています。

Entries

お産シリーズ最終回!

お産シリーズ、第13回です。
実は落としどころが見つからなくて、、、止まっていました。
だって、あれ以来ずーーーっと続いているのですもの。。
子育て。。

子育てっていつ終わるの?
とりあえず3歳までがんばれ!って言われて、
その次は小学校に上がったら楽になるよって言われて、
ギャングエイジの9歳を越えて、
中学生になれば、とりあえず、、、と我が家の場合は中学受験だったし、
同じ調子で高校生になればもう大人よね、、、と言いながらも心配は尽きず。
現在は「大学生になれば、、、!」って思っています。

これ、多分大学生になったら、「社会人になれば、、」となりますよね。
そしてその次は結婚すれば、、となり、
エンドレスできっと一生子供のことは気になるのでしょう。

死んだ後だって油断できないかもしれませんよね。。
もしも意識があったりしたら「幸せにしているかな?」って気になると思う。
こういうの、「執着」っていうのかもしれませんね。
行き過ぎた想いが出てきたときは自分なりに想いを断つ魔法を使います^^
その話はいつかまたブログにて。。

さて、そんな風に思いを巡らせてみると
人は本当に「幸せでいる」ということが重要な気がします。
自分が幸せで機嫌良く心配なく暮らしていれば、親はハッピーですよ。
安心して自分のことができます。

親子の関係でなくても同じ。
機嫌良く仲良く暮らそう。
そうすることがみんなが幸せに暮らせる道なんじゃないかなって思って
私は自分が幸せでいることは周りのみんなのための責任だと考えています。

だからみんな幸せに暮らしてね。
そんな風に周りのすべての人にメッセージを贈りたい。

さて、落としどころ!
今回の落としどころ、、、。

。。。ない。

でも、ある。

えっと、、。
このときの気持ちがどんなだったかで締めくくります。

子供はなかなか光線ボックスから出てこられませんでした。
私が面会に行って抱っこすると、眠っていてもにこーりとします。
「帰るね」というとわかっているかのようににこーりとします。
毎日の数値は上がったり下がったり、、、。

数値に一喜一憂してしまうのです。
そして二度と自分の手元に戻ってこないような錯覚に陥るのです。
いろいろつじつまを合わせるために考えます。
「私の何が悪くてこの子はこんな目にあっているのだろう、、?」と。
どこかに原因を見つけたくなり、その矛先は自分や夫に向かいます。

「私の~が悪いから、こんなことが起こる」という風に
関連付けた方が心理的に納得できて落ち着くから、
自己防衛のために理由を探すのですよね。。

神様に祈ってみたり、謝ってみたり、、、。
今もこういう癖ってありますね。。

何か自分にとって都合の悪いことがあると自分を責める癖。
それを自覚しているので、時間に任せて問題を眺めてみるという方法を
最近はレッスン中です。

いいことは一直線には行かなくて
宇宙って波を打つものなのだと思います。
大きくジャンプするときにはいったん大きく沈むように。
その繰り返し。

人生の波乗りが上手にできるようになりたいものです。
ちょっと離れて自分を見て
今沈んでいるけれど、次に浮き上がる準備期間だな。。とか
栄養充電中だ、、とか。
ものは考えようなので、いろんな方面から見てみる。俯瞰してみる。

そういうことをいろんな本にも書いてあると思うのですが、
私は自分の体験から学ばせてもらっているように思います。
この「お産」体験でもたくさん学習させられました。
そんな貴重な体験をさせてくれた息子に心から感謝して
シリーズ終了させていただきます^^

いつも読んでくださっている方、どなたかわからないのですが、
記事を書いていないときも応援ポタンをクリックしてくださっている方に
感謝を込めて、、、。

いつもお読み下さり有難うございます。
ポチッとして頂けると励みになります^^
にほんブログ村 ライフスタイルブログ サロネーゼへ
にほんブログ村
関連記事

Comment

ゆかりん、はぐ∞ 

かわいい小指のお話にも、泣いたけど、
お産のお話にもまた、泣いた。
うるうる~。

阪神淡路大震災の時に、
産んだばかりの赤ちゃんが
病院のカプセルの中にいた…なんて。

わたしは息子を産んだあと、
子宮の中から体の外へ出ても
本当に母と子はつながっているのだなと
生命の神秘を実感していたので、
産休が終わって仕事へ復帰する時、
ものすごい決意を持って、
息子を他人に預けました。

子供と離れることは、母にとって
自分の半身を引き裂かれるような
思いがするものなんだとその時に知りました。

だから、ゆかりんの当時の気持ちを考えると…。
うるうる~。

やっぱり、ゆかりんは、数奇な運命のひとだね。

「いいことは一直線には行かなくて
 宇宙って波を打つものなのだと思います。」
けだし名言です。

そして、みんながそれぞれハッピーでいることが大事、その通り。
ハッピーなひとは余計な事をしないし、考えないから。

宇宙のパルスに共振しながら
どんなことでも目の前のことを楽しみ、
ちいさなしあわせを感じて生きていけたらいいな。

子育ては死ぬまで続く。
子育ては、自分育て。

子供を持てたことに感謝です。
しかも、わたしは男の子と女の子をふたりも授かった。
父親の違う子を。

ゆかりんと知り合えて、
こうしてブログの感想を書いていることも、
本当にしあわせなことだと思います。

いつも泣かせてくれて、ありがとう。
ゆかりん、大好きだよ∞

  • posted by Umejuna 
  • URL 
  • 2011.03/09 01:35分 
  • [Edit]
  • [Res]

じゅんちゃん、ありがとう∞ 

じゅんちゃん、いつも暖かいメッセージをありがとう。
笑ってもらおうと思っているのに
泣かせてしまっているだなんて、、、!!
これはいけません。。。
ちょっと反省中です。。。(笑。

子供って少しずつ少しずつ段階を踏んで
母から離れていくものなのですよね。

おなかの中で一体であったものが
2個に分かれて、そのあと断乳のときも寂しいし、
抱っこできる時期が過ぎて
一緒にお風呂に入ったり、眠ったりする時期も過ぎて
ほんとにちょっとずつ離れていく。

じゅんちゃんはお仕事復帰のときに
えいや!って別れたんだよね。
寂しかったね。。。
でもその寂しい思いがあるから、
人の寂しさに寄り添える優しさが育まれたのだと思います。

無駄なことはないなあって感じるよ。。
良いことも悪いこともすべて栄養になると思う。

もしかして一見悪いことの方が、
大変だーって思うことの方が、
大きく変わるきっかけになるのかもしれませんね。。

これからも一生学び続けていろんな景色を
一緒に見れると良いなあって思っています。
私もじゅんちゃん大好きよ。
いつもありがとう∞


  • posted by yucalynn 
  • URL 
  • 2011.03/09 09:42分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。